花がほぼ満開!きたあかり生育日記 | 北海道へ行こう!

北海道へ行こう!

北海道へ行こう!

花がほぼ満開!きたあかり生育日記

こんにちは。最北の海鮮市場です。
全国的に猛暑が続いているようですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ここ最近では、北海道でも30℃を超えるところもあり、本格的な暑さになってまいりました。
そんな中、幌加内のきたあかり農家さんから、「今お花が8分咲きで見ごろだよ」とご連絡があり、早速見に行ってきました。この日は生憎の曇天模様でした。

8分咲きのきたあかり

農家さんから8分咲きとは聞いていましたが、どんなものなのでしょうか。
まず前回の畑をごらんください。そして、今回の8分咲きはこちら。
1週間ほどしか経っておりませんが、ほぼ満開です!農家さんも、本当にいいタイミングで教えてくれたんですね。(教えてくれてありがとうございます!)

花からわかる、きたあかりの状態

お花が咲いたことについては、先日も少しお伝えさせていただきましたが、今は満開。花弁もぶりっとしており、生き生きとしています。大雨の影響などもありましたが、虫も離れないほど元気に成長している様子が伺えます。
そして、ここでお芋を一本…と言いたいところですが、前回、皆様のお芋を一本抜かせていただきましたので、今回は我慢です。もう少し時間を空けてから、また一本だけ抜かせていただき、お芋の成長具合をお伝えいたしますね。

(番外編)川沿いの生物もぐんぐん生長中。

畑の横を流れる川沿いの植物たちも、この暖かさの恩恵を受け、良くも悪くもぐんぐん成長中です(笑)。中には、なかなか見かけることのない不思議な植物達も。
まるで人肌のようなシワとすべすべ感があり、気になる存在です。
料亭などの中庭にありそうな、高級感漂うお花。ふわふわ感がなんとも怪しいですね。

少しだけ番外編として、山の植物達をご紹介させていただきました。街中ではあまり見ることのない植物に触れることが出来るのも、ここ幌加内の魅力のひとつかもしれませんね♪

これからのきたあかり

無事花も咲き、ぐんぐん成長中のきたあかり。
これから1ヶ月と少しで、土の中のじゃがいもに栄養を奪われ、花や葉っぱは枯れていきます。
そして、栄養を蓄えた地中のきたあかりは収穫時期を迎え、冷暗所で一ヶ月ほど熟成。しっかりと甘く熟成された後に、皆様のもとへお届けという流れとなります。

今年の天候を見ると、まだまだ油断はできませんが、無事皆様のもとへお届けするまで、一緒に見守っていただけると幸いです。

次回こそは、収穫時期あたりの状況をお伝えしたいと思いますので、もうしばらくお待ちくださいね♪

>>北海道産きたあかりシェアリング(オーナー権)

 

Return Top