北海道へ行こう!

北海道へ行こう!

ほとけのみみ?稚内銀杏草(ぎんなんそう)を美味しくお召し上がりいただくために(レシピ・食べ方)

銀杏草(ぎんなんそう)とは

銀杏草(ぎんなんそう)は、仏の耳(ほとけのみみ)とも呼ばれており天然の海草です。ほとんどは北海道の最北端にある稚内から日本海側にかけてしか水揚げがないため、非常に希少価値が高く、すべてを手摘みをするため今では高級品となっております。また近年は、天候などの影響もあり、希少にもかかわらずさらに生産量が減っている状況です。

紅色の銀杏草(ぎんなんそう)は、火を通すと黄緑色に。

極寒の季節(1月~3月)になると、岩場に芽が出てくるので、岩場から人の手でひとつひとつ摘んでいきます。この銀杏草(ぎんなんそう)は、地元北海道では、冬の時期になるとお味噌汁に入れて楽しまれてきました。

この銀杏草は火を通すと、紅色から、わかめのような綺麗な黄緑色に変わっていきます。お味噌汁に近い部分から少しずつ色が変わっていきます。


火を通す前と通した後では、色が違うのがわかりますね。左がお湯にくぐらせる前で、右がお湯を通した後です。

肝心の銀杏草(ぎんなんそう)の味は

一番気になるのは、色よりも味ですよね。銀杏草は、独特の磯の香りがします。海の匂いとも似ていますが、少し違うような感じです。そして肝心の味は・・・

銀杏草ならではの「コリコリ」&「トロトロ」2つの食感が楽しめます。

また、この銀杏草(ぎんなんそう)の食感が独特で、2つの食感が味わえるのが特徴です。 銀杏草は、主にお味噌汁で食べられているのですが、2つの食感で好みが非常に分かれます。

お味噌汁にパッと放つと「コリコリ」食感が楽しめます。

コリコリ食感が好きな人は、お味噌汁をおわんに注いでから、後から銀杏草を入れます。例えると、キクラゲのようなコリコリ感が近いでしょうか。また独特な磯の香りが一番楽しめるのも「コリコリ」派の特徴です。

最初から煮て作るお味噌汁は、「トロトロ」食感が楽しめます。

2つ目の食感は、トロトロ食感。火を通していくと、コリコリ食感からトロ~っと粘りが出てきて、めかぶのようなトロトロとした食感に変わっていきます。トロトロとしているのに、溶けて食感がなくなるくらいまでは行かないという絶妙な食感です。トロトロ派は、トロトロを味わうために、わざと1晩寝かせた翌日にお味噌汁を食べます。

地元では汁を残して、銀杏草を後入れ?

銀杏草が多くとれる地元稚内では、どうやって食べられているか。何名かに聞くと、結構多かったのが「両方」味わうでした。最初は、お味噌汁にパッと放ち、コリコリ食感を楽しみ、そしてその翌日にトロトロ食感を楽しむという方。

そして、この食べ方が結構多かったのですが、トロトロ食感の味噌汁を味わいながら、汁を残して銀杏草だけを食べて、後から銀杏草をその場で追加して食べていくという方もいらっしゃいました。わんこそばのような感覚でしょうか。なくなったら、また銀杏草を足して・・というように食べられている方もいらっしゃいました。地元ならではの豪快な食べ方ですね。

天然・生の銀杏草(ぎんなんそう)の食べ方(下ごしらえ・準備)

1月~3月の水揚げのある期間だけは、天然・生の銀杏草を楽しむことができます。希少な海草で、デリケートでもあるため、冷凍されて流通するか、乾燥した状態で流通することが多いのですが、水揚げ時期だけは「生」の状態で楽しむことができます。ということで、その際の食べ方をご紹介いたします。

砂利や砂を取り除くため、流水で水洗い

この生の銀杏草(ぎんなんそう)は、岩場で人が手摘みしたものですので、どうしても砂利や砂がついている場合がございます。こちらを水洗いしてよく洗ってからお召し上がりください。 ※なお、水洗いすると日持ちがしませんので、食べる分だけ水洗いをお願いします。

すぐに食べられない場合は「冷凍」がおススメです。

せっかくの生の銀杏草ですが、1週間程度しか日持ちがしないため、どうしてもすぐに食べられない場合は、冷凍保存をおススメいたします。冷凍保存をする場合には、「パッケージのまま」かつ、「水洗いをしない」状態で冷凍してください。

使用する際には、凍った銀杏草を使う分だけ包丁で切り、その後流水で水洗いしてご利用ください。一度冷凍した銀杏草は、トロトロ食感でお召し上がりいただくのがおススメです。

地元北海道稚内でも、どんどん生産量が減っていくと同時に極寒の中で、海草をとる人も高齢化し減っているそうです。昔から楽しまれてきたこの独特な海草、銀杏草(ぎんなんそう)。これからも末永く生産できるようになることを願いながら、大切に味わっていきたいですね。

>>稚内産“鮮”銀杏草(ぎんなんそう)のご予約
>>稚内産“鮮”銀杏草(ぎんなんそう)の食べ方

Return Top