北海道へ行こう!

北海道へ行こう!

オホーツク枝幸産春にしんを美味しくお召し上がりいただくために(さばき方・食べ方レシピ)

最北の海鮮市場でございます。オホーツク枝幸産春にしんのさばき方から美味しい食べ方レシピのご紹介です。

お届けするオホーツク枝幸産春にしん

オホーツク海はご存じの通り2月~3月までは流氷が接岸するような海です。

そんな極寒の海が終わり、4月になると始まるのがこの春にしん漁です。この時期は、春にしんが続々と水揚げされ、まさに今が旬なのです。

流氷が来るとたくさんの海の生き物(魚のえさ)がとどまるので、流氷明けの海は栄養満点なんです。そのため流氷明けの春には、丸々と育った脂のリの良い大型の春にしんが水揚げされるのです。

海の資源を守る「定置網漁業」の春にしんをお届け

「待つ漁業」とも言われる「定置網漁業」は、その言葉の通り、網を張ってそこに入ってきた魚だけを水揚げするという漁法です。

網を引き揚げてそこに入っている魚を根こそぎ漁獲してしまう漁法などとは違い、魚の習性や行動を分析し、一番魚が美味しい旬の時期の魚だけを取ろうという漁法で、世界からも海の資源を守る漁法であると注目されている方法です。漁師さんが定置網漁業という方法にこだわり、一番美味しい時期の旬の春にしんをお届けします。

お届けする春にしんの内容

発泡スチロールでお届けいたします。蓋を開けるとこのように「煮魚名人という煮魚のタレ」と「電子レンジ対応容器(ふた・本体)」が入っています。

そしてこちらの下には、春にしんがたっぷりの窒素氷の中に入っています。

春にしんの保存方法

ニシンというお魚自体が非常にデリケートなお魚で鮮度が落ちやすいため、届いたらすぐ調理し、できる限り当日中にお召し上がりください。すぐに調理できないという方は、涼しい場所で、お届けした発泡スチロールのまま保存をし、到着の翌日までにお召し上がりください。

特殊な氷(窒素氷)を入れて、お届けしています。

今回お届けする際に、北海道のとれたてのお魚をお届けしたいという気持ちで豊洲市場なども採用している「窒素氷」というものでお届けしております。通常の氷は0~5℃の温度保持効果ですが、窒素氷は、-1~-3℃の微凍結状態でお届けする事ができるため、市場やお寿司屋さんなどへの流通に使われるプロ仕様の氷です。そのため、保管をする場合には、ぜひこの氷の中で保存をするようにお願いします。

生のデリケートなお魚なので目やエラが赤くなる場合があります。

できる限り厳選してお届けいたしますが、配送過程などで目やエラの部分が赤くなる場合があります。ニシンは時間がたつと目やエラが充血して赤くなる性質があるためで、品質には問題ありませんので安心してお召し上がりくださいませ。

春にしんのさばき方

それでは早速、春にしんを出してさばいていきましょう。

1.春にしんのうろこをとる

まずは春にしんのうろこをとっていきます。たっぷりうろこがついているので、ここは念入りにお願いします。包丁の背で魚をしっぽから矢印の方向へなでるようにしてください。

包丁の背に透明のうろこがついてきました。

次に春にしんを裏面にひっくり返して、うろこを取っていきましょう

お腹にもうろこあるんです。なので、魚のおなかを上にして、さらにうろこをとっていきましょう

お腹をやったら、もちろん背中部分にもついてますので、魚を一回りぐるりとうろこを取るイメージです。

2.春にしんの頭に半分まで切り込みを入れる

そして、頭を切っていくのですが、ここで全部を切り落とさないという事がポイントです。

半分まで切り込みを入れていきます。ポイントは骨をガリっと切断したところでストップするのがポイントです。
この切れ込みが深すぎると、内臓と頭がバラバラになってしまい、内臓をするっと抜き取れなくなってしまいますので要注意のポイントです。

3.春にしんの頭をひねり、内臓を引き抜く

切り込みを入れたところから頭をひねって、ゆっくり内臓をひきぬいていきます。

ゆっくりゆっくりひねっていくと、このように頭と内臓がくっついたままするするっと抜けていきます。

そのまま引っ張っていくと、内臓と一緒に胸ビレも取れ、頭と胴体が別々になります。

頭と内臓を取り除くことができました。

4.内臓を取り除いたら、完成です

内臓が途中で切れてしまったりした場合はお腹の部分を切って取り出してください。その際に白子や数の子を捨てないようにお気をつけください。

春にしんのふわふわ煮付けの作り方

さばいたあとの春にしんに、好みで切り込みを入れてください。 容器に入らない場合はしっぽを切り落としてください。

そのにしんを電子レンジ調理器に入れてください。そしてこちらもお好みになりますが、生姜スライスを一緒に入れてください。

次に煮魚名人というたれを使っていきます。こちらは化学調味料などを一切使っていない煮魚用のたれです。

通常は2倍希釈ですが、気持ち濃いめの1.8倍くらいがオススメです。

・煮魚名人 100ml
・水     80ml

ニシンが半分隠れるくらいでOKです。 あとはフタをして、電子レンジでするだけです!

タレがムラなくつくように、500Wで片面を5分ずつ、両面で合計10分加熱します。
最初に5分加熱したら、一度フタを開けてニシンをひっくり返してフタをぴったり閉じて、反対の面を5分加熱して完成です!

出来ました!

ぜひ、まずは出来立てほやほやの春にしんの味わいをお楽しみください。蒸したような仕上がりなので、身がふわっふわで噛まずしてトロ~っと口の中でとろけてすぐなくなってしまうような味わいです。

味が薄いかなと思われた方は一度容器のまま冷まして、味をなじませてください。そしてお召し上がりいただく際にもう一度再度電子レンジでにしんの中まで温まるくらい加熱するだけで味が中まで入った煮つけが食べられます。

今だけのお楽しみ(数の子・白子も絶品です)

春にしんは産卵期でもあります。ニシンの子は高級魚卵「数の子」で、煮つけで食べる数の子というのも絶品です。そして、白子もふわふわトロ~っとして非常に美味しいんです。

番外編(刺身・塩焼きも可)

この春にしん。鮮度抜群の状態でお届けしますのでお刺身もOKです。アニサキス等心配な方は冷凍してから刺身にするといいですよ。さらに塩焼きはもちろんとっても美味しいです。

「ニシン」ってこんなに美味しい魚なんです!

今回お届けしたかったのは、「ニシン」って美味しい魚じゃないか!という事なんです。私たちsaihokスタッフも20代から40代のスタッフがいます。20代のスタッフには春にしんの煮魚を見ても最初はテンション上がらないんですよ。しかし、今回の春にしんを食べて、ふわふわの身に感動しておりました。そして、「煮魚ってなんか落ち着く~」としみじみと味わっていました(笑)そんな春にしんの感動を少しでも共有できれば幸いです。

煮魚キットは「リターナブル容器」です

今回お届けした煮魚キット(電子レンジ調理器)は、繰り返し使える容器となっております。また、 煮魚名人は5回分入っております。

ぜひご家庭で地元のお魚を買ってきた際など、煮魚名人とともに煮つけを作ってみてはいかがでしょうか。

旬のお魚を美味しく食べて海を守ろう

好きなお魚や人気のお魚だけ食べると、海の中の生態系が壊れてしまいます。やっぱり好き嫌いせず旬の魚を美味しく食べる事が、海を守る事なんですね。

春のこの時期にとれる春にしんの美味しさが広まれば、少しだけ海に良い事ができるかなと思っています。これからどんどん環境が変わっていく中で、今の環境を、少しでも持続できるよう私たちもできる限り取り組んでいきたいと思います。

そんな想いで販売した今回の春にしんでしたが、ご注文ありがとうございました。何かお気づきの点があればお手数ですが、当店までお問合せくださいませ。

>>オホーツク枝幸産春にしん4尾(煮魚キット付き)のお買い求めは
>>オホーツク枝幸産春にしん8尾(煮魚キット付き)のお買い求めは

Return Top